パーキンソン病治療専門 横幕鍼灸院(兵庫県神戸市)は病院では治らない・原因不明と言われたパーキンソン病・振戦・無動・固縮・姿勢反射障害・自律神経失調症・便秘などを専門に薬を使わず治療する鍼灸院です。


〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16 サンビルダー六甲山の手1F

アクセス:阪急電鉄六甲駅より徒歩2分

完全予約制まずはお電話ください

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

パーキンソン病の症状 小字症を治すために

パーキンソン病の症状 小字症の症状・原因・治療

パーキンソン病を発症するとさまざまな症状が生じます。手足が震える、歩行がむずかしくなるなど、生活していく上で支障となることが多くなります。

動きが緩慢になる「無動」もそのひとつです。 

パーキンソン病の症状 小字症は、無動に分類され、文字をすんなり書くことができない状態です

日常的に、文字や文章を手書きする機会はしばしばあります。小字症の症状が起きると、時間がかかりすぎたり、字の見栄えが悪かったりします。 

パーキンソン病の症状 小字症について知ることは、パーキンソン病を治すためにとても大切です。

このページでは、パーキンソン病を治したい方のために、パーキンソン病の症状である小字症について詳しく説明しております。 


【目次】

  1. パーキンソン病の症状である小字症とは
  2. 小字症に対する治療
  3. 小字症の症状に適したリハビリテーション

1.  パーキンソン病の症状である小字症とは

手指がバランスよく動かず、
大きい字が書けない

パーキンソン病の症状である小字症とは、全身の動きがしだいに少なくなる無動に属します。

文字を書く際に、ご本人の意思に反し「字が極端に小さくなる」または、「書いていくうちに、だんだん小さくなる」といった状況が起こります 

パーキンソン病は、脳内でドーパミンが減少することで発症すると言われています。

ドーパミンは神経の伝達をする役割があり、肯定的な気分や運動に関係する物質です。幸せな気持ちになったり気分が上がっている時は、ドーパミンの分泌量が増えているといえます。 

ドーパミンが不足するパーキンソン病では、体を動かす機能が衰えていくため、いろいろな症状が起こります。「字を書く」動作は、指先を使った細かい作業です。縦、横、ななめなどへの辿る方向や力加減もコントロールする必要があります。 

筋肉がこわばりスムーズな動きができないパーキンソン病の患者様は、文字ひとつ書くのにも苦労されます。最近は直筆でなくとも、パソコンなど便利な文書機器を利用する方法もあります。しかしペンを握って何かを書く必要に迫られる場面は、意外とあるものです。 

パーキンソン病の治療では、薬物療法とリハビリテーションを並行して行います。小字症の症状では、文字を書く訓練をすることが有効です。字の上達にはペン習字の練習をするように、パーキンソン病の症状 小字症においても「書くことに慣れる」方法をとります。

2.  小字症に対する治療

小字症に対する治療は、薬物療法とリハビリテーションを同時に行うのが、効果的な方法です

まずドーパミンの不足を補うことに対応します。それから、長期間の服用により副作用が出てくる可能性がありますので、薬剤を変えるなどで症状の軽減を図ります。 

小字症を含む無動の症状は、パーキンソン病を発症した初期ではなく、ある程度の期間を経て出現し始めます。

最初は効いていた薬剤がしだいに効かなくなる傾向もあります。薬の量を増やすことなく、リハビリテーションで効果が得られるようにしたいものです。 

パーキンソン病での薬物療法では、主にレボ-ドパが用いられます。他にドパミンアゴニストや、カテコール--メチル基転移酵素(COMT)阻害薬、モノアミン酸化酵素B(MAO-B)阻害薬、アデノシンA2A受容体拮抗薬などがあります。 

あくまでレボ-ドパが中心です。それ以外は、レボ-ドパの効き目を長持ちさせる、ドーパミンの作用を維持させるため相対的に拮抗するアデノシンを抑えるといった性質の薬剤です。ですから薬物療法ばかりでなく、リハビリテーションを多く取りいれるのが理想的です。

3.  小字症の症状に適したリハビリテーション

小字症の症状に適したリハビリテーションがあります。全般的なパーキンソン病のリハビリテーションでは、全身の筋肉や関節を柔らかくし、刺激を与えて活性化させるのが基本です。

小字症では加えて、「文字をつづる練習」を行います 

1)効果的な文字のつづり方

文字が小さい、あるいは書き進むにつれ小さくなる症状に対し、原稿用紙など「マス目」の施された紙に書くのはひとつの方法です。

枠からはみ出さないよう書くことが目標となり、一定の大きさを保つことを意識します

 一文字だけ書くことに慣れたら、文章を書く作業も行います。続けて文字を書く場合は、目線を先に送ることに気をつける必要が出てきます。それらを交互に行うことで、書くことの訓練となります。 

2)「CALLIROBICS」というリハビリテーション

CALLIROBICSは、書字障害における改善方法のひとつです。音楽にあわせ文字をつづるというプログラムです。パーキンソン病では、リズムにあわせると治療効果が得られる実績があります。 

用いる文章には、小字症でお困りの方の好きな詩や俳句、短歌などを選びます。縦や横のラインをあらかじめ引いた紙の上に書いていきます。音楽にあわせ楽しく実施しますので、一定の効果が期待できます。 

パーキンソン病の小字症は、リハビリテーションで訓練するほど学習効果が狙える症状です。簡単ではない治療ですが、継続することが大切です。しっかりと治療をすれば良くなる病気です。どうぞあきらめないで下さい。

ご予約はこちらから

全国から患者さんが来院される

横幕鍼灸院

当院は完全予約制です。
こちらにお電話の上、ご予約ください。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております

078-891-3590

住所

657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

診察時間

午前   9:00~13:00
午後 14:00~17:00

休診日

水曜日・木曜日

診察時間

9:00-13:00

14:00-17:00

土日も診察しております。
研究・講義により臨時休業する場合があります。

サイト内検索はこちらから

ご予約はこちらへ

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

スタッフ紹介

医院概要

横幕鍼灸院

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F

受付時間 9:00-18:00

医院概要はこちら

当院の理念はこちら

診察日

土曜日・日曜日も診察しています。

当院は完全予約制です。

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

診療時間

 

9:00~

13:00

14:00~17:00

土曜日・日曜日も診察しています。