パーキンソン病治療専門 横幕鍼灸院(兵庫県神戸市)は病院では治らない・原因不明と言われたパーキンソン病・振戦・無動・固縮・姿勢反射障害・自律神経失調症・便秘などを専門に薬を使わず治療する鍼灸院です。


〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16 サンビルダー六甲山の手1F

アクセス:阪急電鉄六甲駅より徒歩2分

完全予約制まずはお電話ください

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

パーキンソン病の症状 無関心を治すために

パーキンソン病の症状 無関心の症状・原因・治療

パーキンソン病は脳内の伝達物質が不足することにより、さまざまな症状が出る病気です。手足のふるえや筋肉のこわばり、無表情などの運動症状がよく知られています。 

パーキンソン病には多くの症状がありますが、すべての症状が出るわけではなく、症状の強さも個人差があります。

パーキンソン病では運動症状が注目されがちですが、非運動症状と呼ばれるものも見られます。 

パーキンソン病の症状である無関心は、非運動症状の一つです。物事への興味がなくなり、パーキンソン病の治療にも関心がもてなくなる可能性があります。

そうなるとパーキンソン病自体の治療が難しくなりますので、ご家族や周囲の方のサポートが必要です。 

パーキンソン病の無関心の症状は、生活の質(QOL)を下げることにもなり、パーキンソン病の症状の一つであることを理解されなければ、対人関係にも影響する可能性があります。 

パーキンソン病の早期治療のためにも、できるだけ早く無関心の症状を治したいものです。 

パーキンソン病の症状である無関心を治すためには、パーキンソン病の無関心の症状・原因・治療について知ることが大切です。 

このページでは、パーキンソン病の症状である無関心を治したい方のために、パーキンソン病の無関心の症状・原因・治療について詳しく説明しております。 

【目次】

  1. パーキンソン病の無関心の症状
  2. パーキンソン病の無関心の原因
  3. パーキンソン病の無関心の治療

1.パーキンソン病の無関心の症状

無関心とは、無気力、あるいはアパシーとも言い、物事に対する意欲や興味が極端に弱くなることです。目的を持った行動をしなくなり、感情の起伏がなくなります。

無関心の症状は、パーキンソン病の症状の一つですが、それ以外の病気でも見られます。 

パーキンソン病は、脳内の伝達物質であるドーパミンが不足して起こる病気で、運動症状と非運動症状があります。 

1)運動症状

  • 安静時振戦(あんせいじしんせん):手足のふるえ
  • 筋固縮(きんこしゅく):筋肉がこわばる
  • 寡動(かどう)・無動:動きが鈍くなる、表情が乏しくなる
  • 姿勢反射障害:バランスを崩し転びやすい 

2)非運動症状

  • 自律神経症状
  • 感覚障害
  • 精神症状
  • 睡眠障害 

パーキンソン病の無関心は、非運動症状の精神症状の一つです。具体的な症状は

  • 喜びの感情がない
  • しなければならない仕事や勉強などができない
  • 新しいことを始める気にならない
  • 無関心になったことを気にすることがなく、変わろうという気持ちもわかない

などがあります。 

パーキンソン病の無関心は、うつ病の症状に似ているようですが、両者は同じものではなく、治療法にもかかわってきますので、区別する必要があります。パーキンソン病の無関心とうつ病との違いは、次のようなものがあります。 

  • 悲しさで落ち込んだり、自分を責めたりするような気持ちはない
  • 死にたいとは思わない
  • すべてのことに興味がないわけではなく、興味を示すものごともある
  • うつ病のように不眠症状はない
  • うつ病のように食欲がなくなることはない 

すべてができないわけではなく、興味を持ち活動的になるようなものごともあるため、周囲も本人も無関心であることに気づかない場合があります。本人のわがままと捉えられる可能性もあります。 

また、パーキンソン病はご年配の方がかかりやすい病気であるため、認知症と間違われることもあります。 

パーキンソン病の無関心は、他の病気で見られる無関心に比べて度合いが高いとされますが、パーキンソン病の進行度合いとは関連性が見られないということです。ただし、無関心の度合いが高くなると、喜びの量は減っていくようです。 

パーキンソン病の無関心の症状は、治療を妨げる可能性があります。治療に興味が持てなければ、やる気が起こらず、「面倒だ」「これ以上きついことはしたくない」と治療を受け付けないことも考えられます。

2.パーキンソン病の無関心の原因

パーキンソン病の無関心の原因は、うつ病などとは違い、パーキンソン病の病気自体によるものです。 

1)ドーパミンの不足

パーキンソン病は、脳内の神経伝達物質であるドーパミンの不足によって起こります。

ドーパミンは、やる気や幸福感などポジティブな気持ちにさせる働きがあります。このドーパミンが不足すると、ポジティブな気持ちがなくなり、無関心になっていきます。 

2)自律神経のバランスが崩れる

自律神経は、体の活動と休息をコントロールする働きがあります。パーキンソン病では、自律神経のバランスが崩れ、うまくコントロールできないようになり、ものごとに対する意欲や関心がなくなっていきます。 

3)薬の副作用

パーキンソン病の治療薬の副作用で、無関心の症状が現れることがあります。うつ症状の薬はドーパミンの分泌を抑えるものがあるので、無関心の症状が悪化する場合があります。 

3.パーキンソン病の無関心の治療

パーキンソン病で見られる無関心の症状は、パーキンソン病であると診断される前は、その症状から「うつ病」と診断される可能性があります。 

うつ病と診断され治療を受けていると、無関心の症状は良くならず、かえって悪化することがあります。

うつ病の薬はドーパミンの分泌を抑制する場合があるからです。無関心とうつ病では、治療の方法が違います。 

パーキンソン病の無関心は、パーキンソン病そのものが原因になっていることが多いので、パーキンソン病の治療を行うことで、無関心の症状も良くなることが期待できます。 

そのためには、パーキンソン病であるということが確認されなければなりません。パーキンソン病は、MRI、脳波、髄液検査では異常が見られません。

しかし最近では、MIBG心筋シンチグラフィーなど、パーキンソン病を確認できる検査も出てきました。 

パーキンソン病の無関心の治療では、まずパーキンソン病の治療をすることが必要です。パーキンソン病は薬物療法やリハビリで治療を行います。 

パーキンソン病の無関心の治療で、薬物治療以外には

  • カウンセリングなどの精神療法
  • 規則正しい生活など生活習慣の見直し
  • 適度な運動

などがあります。 

パーキンソン病では非運動の症状が、リハビリの阻害因子と言われています。パーキンソン病の方は体が動かしにくいので、無関心の症状がなくても、リハビリを行うのは難しいことだと思われます。やる気が起こらなければ、ますます困難なことでしょう。 

しかし、運動療法がパーキンソン病の非運動症状の改善に役立つことがわかってきました。パーキンソン病の無関心についても運動療法で改善が見られたという報告があります。 

パーキンソン病の非運動症状の治療は薬物療法を行うことが多いのですが、同時に運動療法を行うことで症状が改善すると、リハビリヘの意欲もわくと考えられます。 

意欲がわきリハビリがきちんとできれば、パーキンソン病の症状が改善し、さらに無関心の症状も改善されるという好循環が期待できます。 

パーキンソン病の無関心では、最初はなかなかやる気が起こらず、ご本人の意志でリハビリを行うのは難しいと思われます。周囲の方がサポートしながら、改善を目指し、少しずつご自分らしさを取り戻しましょう。 

パーキンソン病の方は体が動かしにくく、リハビリは大変かと思われますが、症状が少しでも改善されれば、ご本人の治療に対する意欲が高まり、さらなる改善が期待できます。一歩ずつ改善へと近づきましょう。どうぞあきらめないでください。

ご予約はこちらから

全国から患者さんが来院される

横幕鍼灸院

当院は完全予約制です。
こちらにお電話の上、ご予約ください。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております

078-891-3590

住所

657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

診察時間

午前   9:00~13:00
午後 14:00~17:00

休診日

水曜日・木曜日

診察時間

9:00-13:00

14:00-17:00

土日も診察しております。
研究・講義により臨時休業する場合があります。

サイト内検索はこちらから

ご予約はこちらへ

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

スタッフ紹介

医院概要

横幕鍼灸院

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F

受付時間 9:00-18:00

医院概要はこちら

当院の理念はこちら

診察日

土曜日・日曜日も診察しています。

当院は完全予約制です。

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

診療時間

 

9:00~

13:00

14:00~17:00

土曜日・日曜日も診察しています。