「パーキンソン病の情報サイト」は、病院では治らない、原因不明と言われたパーキンソン病・振戦・無動・固縮・姿勢反射障害などを中心とした情報を提供する、鍼灸院運営の情報サイトです。

パーキンソン病の情報サイト


〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16 サンビルダー六甲山の手1F

アクセス:阪急電鉄六甲駅より徒歩2分

完全予約制まずはお電話ください

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

パーキンソン病のヤールの重症度分類

パーキンソン病のヤールの重症度分類

パーキンソン病のヤールの重症度分類は、パーキンソン病の治療方針を決める際に非常に重要な役割を果たします。

パーキンソン病のヤールの重症度分類は、身体的に現れる症状や、日常生活の動作の不自由さをもとに、Ⅰ~Ⅴ度の5段階に分けられています。パーキンソン病の重症度を考える上で、非常にわかりやすい指標となっています。

パーキンソン病のヤールの重症度分類は、介護サービスによる日常生活のサポート、厚生労働省の特定疾患の認定などにも関係してきます。

このページでは、パーキンソン病を治したい方のために、パーキンソン病の治療方針を決める上で大切な、パーキンソン病のヤールの重症度分類について、詳しく説明しております。

【目次】

  1. パーキンソン病の重症度分類
  2. パーキンソン病のヤールの重症度分類
  3. パーキンソン病のヤールの重症度分類と生活機能障害度

1.  パーキンソン病の重症度分類

パーキンソン病の重症度分類は、パーキンソン病の治療をする際に非常に重要な役割を果たします。

身体的に現れる症状をもとに重症度を分類することで、治療方針の決定や、介護のサポートの決定などに非常に大きな影響を与えます。

パーキンソン病の重症度分類を適切に把握することが大切です。

2.  パーキンソン病のヤールの重症度分類

<ヤールの重症度分類>

通常パーキンソン病の重症度分類にはヤールの分類が使われます。パーキンソン病のヤールの重症度分類は、Ⅰ~Ⅴ度の5段階に分けられます。

①ヤールⅠ度
ヤールⅠ度は、最も症状が軽い状態を表します。腕や足のふるえが片側だけに現れていて、症状がごくごく軽度の場合を表すのがヤールⅠ度です。

中脳の黒質の一部分だけに異常があるため、腕や足のどちらか一方に症状が現れるのです。

ヤールⅠ度の段階で治療を行うと、日常生活や通院治療にほとんど介護を必要としないと言われています。

生活機能への障害の度合いは厚生労働省の研究班によって報告がなされていて、ヤールⅠ度では生活に対する支障はあまり大きくないと考えられています。

②ヤールⅡ度
ヤールⅡ度になると、Ⅰ度よりもやや症状が進行した状態です。片側だけに現れていた症状が両側に現れるようになり、生活に不便を感じることが多くなります。ヤールⅡ度の段階でもまだ通院や生活に大きな介助を必要としないので、日常生活を独力で行うことができます。

③ヤールⅢ度
ヤールⅢ度になってくると、姿勢反射障害という障害が現れてきます。姿勢反射障害は身体のバランスを保つ筋肉におこります。歩き出したら止まらなくなってしまったり、身体が勝手に傾いて倒れてしまったりするなどのさまざまなトラブルが出てきます。

ヤールⅢ度の段階に達してしまうと、日常生活に支障をきたすようになります。それでもなんとか自力での生活が送れる段階で、人によっては家族に一部サポートを受けながら自活して生活を送ることができます。

④ヤールⅣ度
ヤールⅣ度では重篤な障害がみられるようになります。歩行はどうにか可能なのですが、生活全般に支障が出てしまい、生活に一部介助が必要になります。通院や買物など長距離を歩くことができないので、介護保険によるサポートなどが必要になります。

⑤ヤールⅤ度
ヤールⅤ度では立つことが不可能な状態で、ベッド上または車椅子上で生活を送ることになります。日常生活に全面的な介助を要し、歩行や起立ができなくなります。

ヤールⅤ度の段階になってしまうと、家族ではサポートが難しいので、訪問看護サービスなどを受けて看護師さんの力を借りたり、介護職の方のサポートを受けたりすることによって生活の維持を行います。

3.  パーキンソン病のヤールの重症度分類と生活機能障害度

パーキンソン病のヤールの重症度分類以外に、厚生労働省の研究班が作成した、生活機能障害度を表す分類があります。

ヤールⅠ〜Ⅱ度の方は生活機能障害度Ⅰ度、ヤールⅢ〜Ⅳの方は生活機能障害度Ⅱ度、ヤールⅤ度の方は生活機能障害度Ⅲ度になります。

パーキンソン病の生活機能障害度の分類に従って区分けし、現在では生活障害度Ⅱ度以上(ヤールⅢ度以上)の方は、特定疾患の認定を受けることができます。

特定疾患に認定されると、医療費の助成を受けることができます。ヤールⅢ度以上に分類された方は、お住まいの地区の助成制度を活用することができます。

パーキンソン病の治療は長い期間に及ぶことがあるので、治療に際して必要な助成を受けましょう。自分の能力や家族の支えだけで無理を続けないことが大切です。

パーキンソン病の治療の方針は症状によって異なります。重症度を正しく診断してもらい、その重症度に見合った治療サポートを受けることが非常に重要です。

適切な治療を選ばなければ、症状の悪化を食い止めることができなかったり、薬を使いたいタイミングで使えなくなってしまったりと問題がおこってきます。

パーキンソン病のヤールの重症度分類を理解しておくことで、治療に必要なさまざまな方針決定ができます。パーキンソン病でお悩みの方やご家族が少しでも安心して過ごせますよう、重症度分類に基づいた適切な治療やサポートを受けることが大切です。

当サイトの運営者について

全国から患者さんが来院される

横幕鍼灸院

当院は完全予約制です。
こちらにお電話の上、ご予約ください。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております

078-891-3590

住所

657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

診察時間

午前   9:00~13:00
午後 14:00~17:00

休診日

水曜日・木曜日

診察時間

9:00-13:00

14:00-17:00

土日も診察しております。
研究・講義により臨時休業する場合があります。

サイト内検索はこちらから

ご予約はこちらへ

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

スタッフ紹介

医院概要

横幕鍼灸院

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F

受付時間 9:00-18:00

医院概要はこちら

当院の理念はこちら

診察日

土曜日・日曜日も診察しています。

当院は完全予約制です。

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

診療時間

 

9:00~

13:00

14:00~17:00

土曜日・日曜日も診察しています。