「パーキンソン病の情報サイト」は、病院では治らない、原因不明と言われたパーキンソン病・振戦・無動・固縮・姿勢反射障害などを中心とした情報を提供する、鍼灸院運営の情報サイトです。

パーキンソン病の情報サイト


〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16 サンビルダー六甲山の手1F

アクセス:阪急電鉄六甲駅より徒歩2分

完全予約制まずはお電話ください

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

パーキンソン病の遺伝

パーキンソン病に遺伝的な要因があるかという点では、全体の1割程度の方が該当するといわれます。

パーキンソン病は、現在の段階では原因が明らかになっていないため、完治させる治療法も確立されていません。

近い血縁者のなかにパーキンソン病を発症している方がいて、特定の遺伝子に起因する場合を「家族性パーキンソン病」と呼び、一般的なパーキンソン病とは区別しています。

通常より発症する年齢が若い「若年性パーキンソン病」も、家族性パーキンソン病に属します。

医療分野では、家族性パーキンソン病の発症に関与していると思われる遺伝子を解析する研究がかなり進んでいます。家族性パーキンソン病の原因が究明されれば、今までにない新しい治療法も開発されることでしょう。

パーキンソン病を治すためには、パーキンソン病の遺伝について知ることが大切です。このページでは、パーキンソン病を治したい方のために、パーキンソン病の遺伝について詳しく説明しております。

【目次】

  1. 家族性パーキンソン病とは
  2. 若年性パーキンソン病の特徴
  3. 家族性パーキンソン病の最新治療法について

1.  家族性パーキンソン病

家族性パーキンソン病とは、両親から受け継いだ遺伝子が原因で発症するタイプのパーキンソン病です。

遺伝子の異常から起こるのですが、遺伝子を持っていても、それが優性でなく劣性であれば、パーキンソン病を発症しないケースもあります。

父親と母親の双方ともに、あるいは片方でも優性の遺伝子を持っていれば、発症する確率は50%です。双方が劣性である場合、確率は25%に減ります。

遺伝子の形質を解析すれば、家族性パーキンソン病を発症する可能性があるのか調べることができます。

パーキンソン病の検査では、症状から他の病気ではないかを問診やMRI、血液検査や尿検査などで診断します。あらかじめ家族性パーキンソン病を疑う場合は、遺伝子検査を実施します。

原因となる遺伝子が、既に10種類以上あることがわかっていますので、その有無を確認します。

家族性パーキンソン病を発症させる遺伝子が単一のものであれば、対象が絞れるので治療がしやすくなります。複数の遺伝子と外的な環境要因も係わっている場合は、発症するパターンも複雑になるので、治療法も試行錯誤ということになります。

2.  若年性パーキンソン病の特徴

若年性パーキンソン病は、若い年代のうちに発症するパーキンソン病です。

中には10歳代という若さで発症するケースもあり、その場合は兄弟がすでに発症しているといった例が多くみられます。

一般的なパーキンソン病と同様に、症状が進行するのは非常に緩やかです。

通常のパーキンソン病には代表的な症状として「手や足の震え」がありますが、若年性パーキンソン病では比較的少ないといわれます。

またドーパミンの分泌を増加させる薬である「L―ドパ製剤」が効きやすいという特徴があり、長時間に渡って効能が得られます。

ただし、症状のひとつであるジスキネジアが出現しやすく、また神経系の症状である幻覚や幻聴も出てくる頻度が高いという難点もあります。年齢が若いと精神的にもまだ発達段階の場合も多く、身近なご家族や周囲の大人たちの理解や、サポートする体制が必要となります。

 

3.  家族性パーキンソン病の最新治療法について

家族性パーキンソン病では、発症にかかわる遺伝子の解析が熱心に進められています。

日本国内でも、大学の医学部や大学病院、製薬会社などの研究コラボレーションが積極的に図られ、直近の10年間くらいで大きな成果をあげつつあります。

2015年には、体の細胞にある器官「ミトコンドリア」のエネルギー産生に関わる遺伝子「CHCHD2」の変異が、家族性パーキンソン病の原因となっているということが発見されました。

遺伝子変異の研究で、ミトコンドリアの機能との関係性が示唆されたのは世界初です。

CHCHD2という遺伝子の配列を持っている方は、持っていない方に比べて、2.5倍から4.7倍の割合で、家族性パーキンソン病の発症率が高くなるという確証も得ています。

このことは、発症する前段階での予防にもつながり、また別の神経系における難病の原因を解明する手がかりにもなるとの評価です。

一般的なパーキンソン病の治療では、不足するドーパミンを補うことやドーパミン受容体を刺激する、あるいは出現した症状を単に抑える薬物療法や外科療法、リハビリテーションが主流となっています。

家族性パーキンソン病は遺伝子の変異によりますので、特定の遺伝子に直接アプローチするという治療法が有効になります。

海外では、配列を変えた遺伝子細胞を脳内に注入するという方法で、症状を改善する治療が行われています。その効果や副作用が起きていないことなど、一定の成果が得られていることも報告されています。

日本では一部の病院で研究されている段階ですが、厚生労働省が承認すればパーキンソン病の根治的な治療につながると期待しております。とくに若年性パーキンソン病の方は、発症してからの病歴が長くなるため、革新的な治療が待たれるところです。

パーキンソン病は遺伝的な原因も懸念される病気です。しかしながら、原因を見つけしっかりと治療をすれば良くなる病気です。

 

当サイトの運営者について

全国から患者さんが来院される

横幕鍼灸院

当院は完全予約制です。
こちらにお電話の上、ご予約ください。
お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております

078-891-3590

住所

657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F
阪急六甲駅徒歩2分

診察時間

午前   9:00~13:00
午後 14:00~17:00

休診日

水曜日・木曜日

診察時間

9:00-13:00

14:00-17:00

土日も診察しております。
研究・講義により臨時休業する場合があります。

サイト内検索はこちらから

ご予約はこちらへ

当院は完全予約制です

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

スタッフ紹介

医院概要

横幕鍼灸院

〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2-10-16
サンビルダー六甲山の手1F

受付時間 9:00-18:00

医院概要はこちら

当院の理念はこちら

診察日

土曜日・日曜日も診察しています。

当院は完全予約制です。

078-891-3590

お電話によるご予約受付は、年末年始・臨時休診を除き、9:00~18:00にて毎日受け付けております。

診療時間

 

9:00~

13:00

14:00~17:00

土曜日・日曜日も診察しています。